メンズエステで良い体験をすることで仕事を頑張れたり心が充実します

memory

これぞメンズエステです

ひとつ言えるとすると、メンズエステの本当の楽しさを理解した人だけが、未知の楽しさにハマっていくのです。

メンズエステで良い体験をすることで仕事を頑張れたり心が充実します。そういう人が一人でも増えるように、ユーザーファーストでリアルな体験を判断基準がハッキリするように記事をまとめておりますので、ぜひご参考にしてください。

「言い方変えてるだけでただの風俗でしょ?」なんて思われている方がもしいらっしゃいましたら、女の子にオイタをして出禁になる前に、しっかりこのページを熟読してから利用してください。メンズエステは風俗ではありませんし、ましてや医療行為は一切ありません。

最後に口臭です。これはメンズエステへ訪問する前の食事を気をつけたいところですが、どうしても匂いがする食べ物を食べた場合は、メンズエステ店へ訪問した際に洗面所にあるマウスウォシュレットを使いましょう。最低限自分でも口臭を消せるアイテム(ブレスケアなど)は常備しておきましょう。

以上のように、セラピストによって巻き起こる予想できないオリジナル施術を体験したく、通い続けてしまいます。メンズエステの底無し沼を体験してしまうと戻ってこれないでしょう。

ですが、そんな高額になるつつメンズエステですが、90分13,000円〜16,000円でも極上の体験をできる店舗もあります。なぜそんなに安い値段でクオリティが高いかというと、ファミリータイプのマンションで複数の部屋がある場合、利益率や回転率も高いため、施術料を安くしセラピストを給与を上げられるためです。(高田馬場Cozyなど)また、最近増えてきた熟女系・美魔女系のメンズエステ店も安い傾向があります。

さらには4TBの状態のまま、セラピストが頭側に座ってCKB集中ケアも稀に起きます・・・。4TBだけ見ても、人によってやり方はまったく違うため、メンズエステは本当に面白いです。

どちらかというと、風俗に飽きてきた男性たちが、物理的な気持ちよさよりも精神的な気持ちよさを求めて、メンズエステにハマりだしていると言っても過言ではありません。

またメンズエステという名称も重要です。「メンズマッサージ」と呼ばないのは理由があり、もしマッサージという業態で出店すると営業許可が必要です。ですが、「メンズエステ」という業態であれば、許可は必要ありません。医療行為でもなくリラックスやリフレッシュを目的に利用するのがメンズエステということとなります。

男性というプライドをメンズエステの時間は捨てて、とことん素直になってください。気持ちはドM男性となるのです。

デコルテ施術が終わると、セラピストさんが顔を跨いで男性のお腹のほうへ進みます。そうです、目の間には一瞬、至福の光景「絶景」が広がります。あえてハッキリとは書きません。想像を膨らませましょう。これぞメンズエステです。

メンズエステ歴:1年半(タイ古式入れたら約10年の本格派) セールスポイント:巨乳スリムという奇跡/肌感○ 好きな施術:うつ伏せのマーメイド お客様からよく言われること:可愛い/綺麗/セクシー お店の方曰く、お店どころか新橋エリアでナンバーワンを狙える逸材です。

管理人のネクが約10年メンズエステへ行き続けた経験から選ぶ基準をまとめてみます。

ここでは、メンズエステを楽しむための流れやコツをまとめています。管理人ネクが約10年の経験から導かれた情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

あとは背中のマッサージや肩のマッサージですが、セラピストによっては非常に大胆なポーズでマッサージを行います。その瞬間、目の前にはとても素晴らしいものを見られるかもしれません・・・。これもメンズエステだからこそのご褒美なシーンです(私はその光景を体験記事で「絶景」という表現をします)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました