ここでは メンズエステを楽しむための流れやコツをまとめています

memory

しかし これぞメンズエステの醍醐味です

最後に口臭です。これはメンズエステへ訪問する前の食事を気をつけたいところですが、どうしても匂いがする食べ物を食べた場合は、メンズエステ店へ訪問した際に洗面所にあるマウスウォシュレットを使いましょう。最低限自分でも口臭を消せるアイテム(ブレスケアなど)は常備しておきましょう。

大阪のメンズエステはうつ伏せでも顔が見やすいように、鏡を壁に置くのが主流です(今では名古屋や大阪、金沢にもこのスタイルは広まっています)。すると、鏡越しセラピストさんが目をあわせてくれて、ニッコリ笑顔を見せてくれたり会話もできるので、ぜひ鏡を活用してみてください。

そこから腸マッサージやデコルテなど、被さるように施術するのでとてもドキドキする時間が訪れます。ですが、すべてのセラピストさんが行うわけではないので、運もつきまといます。その違いを楽しむのもメンズエステの醍醐味です。

メンズエステでの体験記事です。基盤・抜き情報を掲載しています。

しかし、これぞメンズエステの醍醐味です。普通のマッサージかと思いきや、女性によっては思いがけないドキドキするシーンが訪れることもあります。

「言い方変えてるだけでただの風俗でしょ?」なんて思われている方がもしいらっしゃいましたら、女の子にオイタをして出禁になる前に、しっかりこのページを熟読してから利用してください。メンズエステは風俗ではありませんし、ましてや医療行為は一切ありません。

ひとつ言えるとすると、メンズエステの本当の楽しさを理解した人だけが、未知の楽しさにハマっていくのです。

またメンズエステという名称も重要です。「メンズマッサージ」と呼ばないのは理由があり、もしマッサージという業態で出店すると営業許可が必要です。ですが、「メンズエステ」という業態であれば、許可は必要ありません。医療行為でもなくリラックスやリフレッシュを目的に利用するのがメンズエステということとなります。

値段=良い体験、とは限りません。だからこそメンズエステの体験記事を参考にしてほしいというのが本音です。

どちらかというと、風俗に飽きてきた男性たちが、物理的な気持ちよさよりも精神的な気持ちよさを求めて、メンズエステにハマりだしていると言っても過言ではありません。

とくに、このサイトでもある「Men’s BZ(メンズビズ)」の体験記事は、メンズエステ店が自信を持って準備していただいたセラピストのため、良い体験がしやすく、良い体験記事が多くあります。

ここでは、メンズエステを楽しむための流れやコツをまとめています。管理人ネクが約10年の経験から導かれた情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

また草食系男子が多い昨今、若い男性(大学生など)が風俗に行かず、いきなりメンズエステに行っている傾向があります。メンズエステは比較的訪問しやすい大人な遊び(癒やし)の業界なのかもしれません。

メンズエステで良い体験をすることで仕事を頑張れたり心が充実します。そういう人が一人でも増えるように、ユーザーファーストでリアルな体験を判断基準がハッキリするように記事をまとめておりますので、ぜひご参考にしてください。

そうすることで、セラピストは達成感を感じ、さらに技は大胆になっていきます。しまいにはセラピストもだんだん・・・♡というふうに、メンズエステの体験内容は、男性の受け方次第で大きく左右されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました